どうして婚活をする人が増えたのか

婚活ブームになったとはいえ、それだけ婚活をする人がここまで増えたというわけではありません。
様々な理由があってこそ、婚活をする人が急増したわけです。

恋愛や結婚の高年齢化

今は、男性も女性も仕事である程度の地位に達して、経済的な余裕ができてから恋愛なり結婚を考えることが多いです。
ただ、その頃には年齢も30を過ぎているケースがほとんどなわけですから、恋愛や結婚の高年齢化が進んでいるわけです。
それぐらいの年代になると、合コンなど若者がやるような方法で出会いを探すよりも、婚活といったより大人の方法で出会いを探すわけです。

インターネットの普及

インターネットが普及したことによって、様々な方法で出会いを探せる時代になりました。
出会いサイトや婚活アプリ、SNSやブログなどによって、多種多様な方法でコミュニケーションが取れるわけです。
そのため、昔に比べると婚活がしやすい時代になったわけですから、それも婚活を普及させた大きな要因の1つだと言えるのです。

格差社会や不景気

今の日本は格差社会や不景気によって、決して安定した状態とは言い難いです。
非正規社員も非常に多く、正社員として就職ができない人もかなりたくさんいるのです。
そのため、アルバイトや契約社員からスタートして、何年も勤めた上でようやく正社員になれるわけです。
当然ですが、正社員になるまでは結婚なんてできるわけがなく、結果的に結婚を意識するまでに相当な期間を費やすのです。
ようやく安定した地位を築いた時には、もう40手前なんていうケースも少なくないので、そうなれば婚活という方法に頼るしかないのです。